元スレ
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1322907486/

114 res / 12,584 文字

美樹さやか 上条恭介 佐倉杏子 筑紫仁美 鹿目まどか 暁美ほむら キュゥべえ まど神

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 19:18:06.25 ID:j0vck3590

さやか「……はぁ……けっきょく恭介ってあたしのことどう思ってるんだろ……。」

さやか「好き……だったら、いいな……でも……!」ハッ

さやか「ああもう、何考えてんだあたし!」ブンブン

さやか「……よし!ここはひとつ、思い切って何かアクション起こしちゃいますか!手始めに……>>5!」

5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 19:20:46.31 ID:2tjs6BcT0

果報は寝て待て

10 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 19:23:57.41 ID:j0vck3590

さやか「よし!果報は寝て待てって言うし……ここはおとなしく寝よう」ゴソゴソ

恭介「ちょ、ちょっとさやか……何してるのさ」

さやか「何って……これから寝ようと」

恭介「何で僕のベッドで!」

さやか「>>13」

13 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 2011/12/03 19:25:25.49 ID:VtPajVN70

すみませんさよなら

16 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 19:30:56.22 ID:j0vck3590

さやか「すみませんさよなら」

恭介「えっ……。」

さやか「さ、さよなら恭介!」ダダダッ

恭介「え、ちょ……さやか!何だったんだよ、一体……。」

さやか「はぁ、はぁ……『押して引く作戦』……一旦距離を近づけて一気に引けば、恭介は私に目を向けてくれる……気がする」

さやか「でも、どうもこれだけじゃ弱いなあ……もう一押し!」

>>19

19 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 19:33:22.34 ID:zwEu03Nt0

フライングボディプレス

21 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 19:41:31.22 ID:j0vck3590

さやか「よし、一歩引いたことで恭介の心はあたしで一杯のはず……今度は身体でぶつかっちゃえ!」ダダダッ


さやか「恭介!」ガラガラガラ

恭介「さやか!さっきはどうしたんだいいきなり……!」

さやか「そぉい!」ドスゥ

恭介「ふぐぁ!な、何を……!」

さやか「もいっぱあぁぁぁぁぁつ!」ピョーン ゴスゥ

恭介「うぶぇ!」

さやか「もいっぱ……!」

恭介「……いい加減にしてくれ!」

さやか「……!!」ピタッ

恭介「げほっ、げほっ……なんで……なんでこんな酷いことするんだよ!なんで……!」

さやか「酷い……?」

恭介「当たり前だよ、ただでさえ寝たきりのところにボディプレスなんてされたら、死んじゃう……!」ゲホッ

さやか「あ、あたし……>>24」

24 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 2011/12/03 19:43:33.99 ID:VtPajVN70

もう6時だしそろそろ帰るね

28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 19:48:21.39 ID:+9cqTd/C0

>>24
切り替え早すぎわロタ

29 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 19:50:12.71 ID:j0vck3590

さやか「……も、もう6時だしそろそろ帰るね」

恭介「ちょ、さやか……待……!」

さやか「(あたしのやってることは……恭介を苦しめてた……!)」ダッ

恭介「な、ナースコール……。」ガクッ


──さやかの家

さやか「……あたしの独りよがりが、恭介を傷つけてたんだ……。」グスッ

さやか「……明日、どうしよう……。」
>>32

32 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 2011/12/03 19:51:10.10 ID:VtPajVN70

考え事してたら曲がり角でショウさんとぶつかって魂入れ替わり
お互いバレないように生活をする

40 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 20:03:12.45 ID:j0vck3590

──翌日

さやか「はぁ、結局昨日あんまし寝れなかったなぁ……恭介になんて言って謝れば……。」トボトボ

ショウさん「レベル8スターダスト・ドラゴンにレベル2、フォーミュラ・シンクロンをチューニング!集いし夢の結晶が、新たな進化の扉を開く!」ダダダダダ

さやか「はぁ……え?何!?」

ショウさん「アクセルシンクロォォォォ!!」

ゴッチィィーン!

ショウさん(さやか)「い、痛たたたたた……い、一体なに……?」

さやか(ショウさん)「痛ってぇ……!あ、あれ……俺がいる……?」

ショやか「え、あ、あたし……?あれ、あたしの声、こんな低かったっけ」

ウさん「俺……いや、まさか……。」

二人「「い、入れ替わってる!?」」

42 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 20:04:26.38 ID:Eu0pkBPg0

そっちかよ

43 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 20:06:19.41 ID:LBMcW+VuO

どういうことだ、おい

45 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 20:12:14.86 ID:j0vck3590

ショやか「う、う、嘘……まさか、そんなことが……!」

ウさん「まあ落ち着きなってお嬢ちゃん、いや……お嬢ちゃんってのも変な話だな」

ショやか「あ、あなた……よく冷静でいられますね」

ウさん「そう見えるかい?」

ショやか「……違うんですか?ぜんぜん動揺してないみたいなんですけど」

ウさん「……ああ、癖だよ。とにかく、どうすれば元に戻れるか考えよう」

ショやか「そうですね……>>48とか」

48 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 20:13:25.49 ID:uRYjBisn0

頭をぶつけ合って記憶が飛ぶ

50 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 20:19:35.70 ID:VtPajVN70

>>48
おいww

52 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 20:22:40.37 ID:gXGEBlOR0

他の安価スレでも唐突に魂入れ替え安価とってるキチガイ何度か見たことあるけど、同じキチガイかな?
st

54 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 20:27:10.15 ID:j0vck3590

ショやか「ほら、頭をぶつけ合って入れ替わったんなら……もう一度頭をぶつけ合えば元に戻れるかも!」

ウさん「なるほど……可能性はあるんじゃねーの?でもちょっと強引」

ショやか「それじゃ、いきます!」

ウさん「待……心の準備が!」

ショやか「どっせい!」ゴチィィン!!

ウさん「ぐぅ!」グラァ

ショやか「……っ、まだ戻らない……もいっぱあぁぁぁぁぁつ!」ゴッチィィィィィン!!

ウさん「~~ッッッ!」

ショやか「まだ、まだ……それぇ!」ゴチィィィィン!!

ショやか「まだ戻らない……まだ……まだ……まだ……!」
ゴチィィン! ゴチィィン! ゴチィィン!
それから、私はめげずに頭を打ちつけ続けた。何十回、何百回、何千回……何回続けたのかもわからなくなるくらい。
そのうち、頭がごちゃごちゃになって、なんで頭を打ちつけているのかも分からなくなって……。
それは、私たちの頭蓋が砕け散るまで続いた。

DEAD END

さやか「なーんちゃんて……これくらいでへこたれるわたしじゃないヨ!>>56からもういちどチャレンジしよう!」

56 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 20:28:11.09 ID:mafwxObU0

とりあえず恭介を逆レイプ

60 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 20:38:01.82 ID:j0vck3590

さやか「……はっ、なんだかとても変な夢を見ていたような……!」


さやか「(そうだ……恭介が振り向いてくれないなら、実力行使に出ようと思って、あたし……。)」

さやか「そうだ……既成事実を作っちゃえば、恭介も……!」

さやか「……どういう作戦でいこう」


>>63

63 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 20:39:11.83 ID:LBMcW+VuO

鈍器で殴打
で犯す

70 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 20:50:34.13 ID:j0vck3590

──上条恭介の病室

さやか「……恭介」

恭介「やあ、さやか……どうしたんだい、背中に何か……隠してる?」

さやか「……ごめんッ」

恭介「な……僕のバイオリン!何で……!」

バギョッ!

恭介「……。」バタンキュー

さやか「気絶……した、かな」

さやか「はぁ……はぁ、恭介ぇ……!」ギュッ……!

さやか「恭介っ、恭介……恭介……!」

恭介の温もりを、今までにないくらい近くで感じている。
いろんな気持ちが溢れてくる。
我慢、できない……!

どうする?
>>73

73 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 20:51:34.90 ID:/KwMLQLY0

手当てしてあげる

75 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 20:59:03.78 ID:j0vck3590

さやか「恭介……!」ハッ


さやか「恭介の頭のタンコブ……これ、私が……。」

さやか「……っ」

──数十分後

恭介「……はっ!」ガバッ

さやか「……。」ションボリ

恭介「痛ッ……一体何が……さやか?」

さやか「……ごめん」

恭介「え?」

さやか「……それ、私が……!」

恭介「それ、って……この頭の包帯のこと?」

さやか「そうじゃ、なくて……。」
恭介「?」
さやか「……。」

恭介「(黙りこんじゃった……どうしよう)」

>>78

78 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 21:03:30.17 ID:oWzaSMWz0

ベアハッグ

82 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 21:12:31.24 ID:j0vck3590

恭介「……えっと、つまり……このタンコブもさやかがやったって……こと?」

さやか「……ごめん」

恭介「……このっ!お返しだ!」ギュ

さやか「ひゃっ!?」

恭介「いきなり僕の頭にタンコブこしらえるなんて……何してくれるんだ!」ギュー

さやか「ちょ、ちょっと恭介!?何を……!」

恭介「何って、ベアハッグのつもり、なんだけど……やっぱり片手じゃベアハッグにならないか」スッ

さやか「あ……。」

さやか「(び、びっくりした……何考えてんのさ恭介!あー、凄くドキドキしてるよ……どうしよう!?)」
>>85

85 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 21:14:11.35 ID:LBMcW+VuO

もうキスしちゃえ

93 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 21:25:36.09 ID:j0vck3590

恭介「もっと片手でもできるやり方を考えてなきゃな、例えば……んっ!?」

チュッ……。

さやか「……ん」プハッ

恭介「さや……か……?」

さやか「……馬鹿」

恭介「え?」

さやか「恭介の……馬鹿」

恭介「なっ……!」

さやか「どうして、ずっと側にいるのに……気づいてくれないの?あたし……恭介のこと、ずっと……!」ウルッ

恭介「さ、さやか!?」

さやか「あたし……恭介のこと、ずっとずっと……!ちっちゃな頃から見てた……!あたし、あたし……恭介が……っ」ポロポロ

出てこない。
「好き」の一言。たった一言が出てこない。
どうすれば……最後の一言を踏み出す勇気が出せるんだろう。

>>96

96 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 21:28:01.70 ID:/KwMLQLY0

着ていた下着を脱いでプレゼント

99 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 21:34:10.37 ID:j0vck3590

さやか「……っ!」ヌギッ!

恭介「なっ!さやか!?何故パンツを!」

さやか「はい、これ……受け取って!」

恭介「えぇっ!?」

さやか「聞いて。あたし、恭介のことが好き。ちっちゃな頃から、ずっと恭介のことを見てた……もちろん異性として!このパンツはその証……恭介、もし私からの告白、OKしてくれるなら……このパンツを受け取って」

恭介「……。」ドキドキドキドキ

さやか「……。」ドキドキドキドキドキ

恭介「……僕は」

恭介の返事>>104

104 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 21:36:13.32 ID:/KwMLQLY0

パンツを受け取り自分のパンツをプレゼントする

108 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 21:37:20.76 ID:gKOoIktw0

>>104
すがすがしいな

111 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 21:45:47.21 ID:j0vck3590

恭介「……君のパンツは受け取れないよ」

さやか「あ……。」シュン

恭介「勘違いしないで欲しいな、僕だけがパンツを受け取るのは……不公平ってことだよ」ヌギッ

さやか「わ!?」


恭介「……君にも、僕のパンツを受け取って欲しい」

さやか「え?ということは……!」

恭介「……返事がまだだったね」

スッ、ファサッ……。

恭介「好きだ。さやか」

さやか「……恭介!」ギュッ

かくして、あたし達は結ばれた。
お互いの部屋には、今でもあの時のパンツが飾ってある。
幸せな気持ちは、感じるほど慣れてしまう。だからこそ、お互いのパンツを見て初心を思い出し……気持ちを引き締めるのだ。
──どうか、この幸せが末永く続きますように。

HAPPY END

112 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 21:46:05.86 ID:oWzaSMWz0

さやさやったー!


乙乙乙

113 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 21:46:20.39 ID:sKi7f4w20



114 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 21:47:26.39 ID:Eu0pkBPg0

おいおい冗談いっちゃいけねぇぜ。まだすることがあるだろ?

119 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 21:52:41.29 ID:j0vck3590

まど神「いつから二周目がないって錯覚してたのかな?」


スタート地点
>>122

122 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 21:54:07.89 ID:/KwMLQLY0

魔女か寸前

125 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 22:01:12.07 ID:j0vck3590

さやか「はぁ……はぁ……!」ヨロッ

さやか「……。」スッ

さやか「(あーあ、ソウルジェムがもうまっ黒だ……。)」ゴポ……。

さやか「(ソウルジェムが濁りきったらどうなるんだろう……やっぱり、死んじゃうのかな……私)」

さやか「……はは、どうでもいいや……もう、死んでるようなもんだし……。」フラフラ……。


──ピタッ

さやか「……やっぱり、嫌だよぅ……!なんで、こんなことに、なっちゃったの……?マミさぁん……恭介……!」ハッ

さやか「恭介……仁美に取られる前に……恭介だけは……!今なら、なんとかなるかもしれない……。」

どうする>>128

128 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 22:02:39.19 ID:0Rk9gOxT0

恭介にメール

132 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 22:05:49.84 ID:j0vck3590

さやか「そうだ……恭介にメールしよう」カチャ

さやか「(調子どう?……違う、会いたい……違う、ああもう、わかんない!)」クシャクシャ

メールの内容>>136

136 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 22:06:27.20 ID:OaaTVlQG0

貴方は神を信じますか?

144 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 22:13:14.25 ID:j0vck3590

さやか「『貴方は神を信じますか?』」カチリ

さやか「送っちゃった……はぁ、神頼みしたいのはこっちだよ……恭介のほうは、本当に神様が舞い降りて腕が治ったくらいに思ってるんだろーけど」ハァ

ブーッブーッブーッ

さやか「来た!恭介からだ……。」

恭介の返信
>>147

147 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 22:13:46.20 ID:uvlrFZpJ0



150 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 22:16:08.28 ID:j0vck3590

さやか「恭介『あ』」

さやか「……なんかの間違いだよね……!」プルプルプル


ブーッブーッブーッ

さやか「やっぱり……恭介からまたメール来た」

恭介の返信
>>154

154 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 22:17:30.95 ID:/KwMLQLY0

今仁美とデート中だから写メ送るよ

157 : 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 2011/12/03 22:17:57.37 ID:OaaTVlQG0

ああ、もう終わりだ・・・・・・

159 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 22:19:13.73 ID:+vaQ9Ah60

引導は自分の手で・・・かwww

161 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 22:21:28.33 ID:j0vck3590

さやか「恭介『今仁美とデート中だから写メ送るよ』……。」

さやか「……恭介、私の気持ち分かってやってるでしょ、本当は……?」ミシミシミシ……バキッ!

さやか「もういい、こうなったら実力行使に出てやる!」

まずは>>164

164 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 22:22:28.42 ID:Eu0pkBPg0

仁美の手を切り取って箱に入れてプレゼント

166 : 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 2011/12/03 22:22:57.36 ID:OaaTVlQG0

>>164
吉良吉景を思い出した

170 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 22:33:24.42 ID:j0vck3590

──翌日

恭介「なんだ……さやかから送り物?」パカ

恭介「ひっ……!手首!それも何本も……!」

恭介「さやか、君は一体なにを……!」
恭介「『ふえるわかめちゃん』なんて書かれた箱にこんな悪趣味なものを詰めて!」

前の晩、さやかは──

さやか「ほらァ!」スパァン!

仁美「あ゛あ゛あ゛ぁぁッ!!嫌……手が、てがぁぁぁぁ!」

さやか「安心してよ、すぐに治してあげるからさぁ……。」ポゥ

仁美「うっ、うっ……!」シュウウウウ

さやか「そーれもう一本!」ズバシャア

仁美「あ゛ぎゃぁぁぁぁぁ!!」ドバァ

志筑仁美を捕らえ、腕を切り落としては生やし、腕を切り落としては生やし……箱詰めしていた。

さやか「安心してよ、仁美は私のトモダチだからさ……傷一つない状態で返してあげる」ポゥ

仁美「さ……や、か……さ……。」
さやか「くふ……あははははははははは!!」
これが、『ふえるわかめちゃん』の正体であった。

172 : 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 2011/12/03 22:34:15.66 ID:OaaTVlQG0

KOEEEEEEEE!!!!

176 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 22:36:54.08 ID:+vaQ9Ah60

うわあああああああああああああ

175 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 22:36:24.15 ID:j0vck3590

さやか「ふふふ……ちょっとスッキリした」

さやか「これで仁美ももう懲りたかな……ははっ」

さやか「さて……何しようかな、次……。」

>>179

179 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 22:37:49.79 ID:/KwMLQLY0

恭介の上履きを盗んでくんかくんか

182 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 22:42:22.17 ID:j0vck3590

──学校

中澤「よう上条……どうした?顔色わるいけど」

恭介「いや、昨日色々あってよく寝れなくって……あれ?」

中澤「どした?」

恭介「僕の上履きがない……。」


──さやかの家

さやか「恭介、恭介、恭介恭介恭介恭介恭介恭介」スーハースーハースーハースーハー

さやか「……ん、ふ……恭介ぇ……。」ギュッ

さやか「物足りないよ……こんなんじゃ……。」ボソッ

さやか「……どうしちゃお」

>>185

185 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 22:44:16.32 ID:mafwxObU0

上条のパンツを食べる

189 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 22:50:08.20 ID:j0vck3590

──放課後

恭介「けっきょく来なかったな……志筑さん」テクテク


ズルッ

恭介「ん?なんか下半身に違和感が……。」

ハミハミハミハミ

恭介「わ、わっ!?な……!」

さやか「恭介、恭介恭介恭介恭介恭介恭介……!」ハミハミ

恭介「……何やってるんだ!さやか!」

さやか「何って、恭介のパンツを味わってたんだよ」

恭介「僕が聞いてるのはそういうことじゃなくて!いやそれも疑問なんだけど……今までどこにいたんだよ!それにあの贈り物は一体なんなんだ!」

さやか「>>193」

193 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 22:51:35.56 ID:0xywUxG60

中沢に脅された

197 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 22:55:31.88 ID:j0vck3590

さやか「中沢に脅された」

恭介「え……?」

さやか「私、今まで中澤にずっと弱みを握られてて……やらなきゃ、バラすって、脅されて……!」

恭介「なんだって……あの中澤だか中沢だかイマイチ表記が分からないヤツめ!陰でなんてことを!」

さやか「どっちでもいいんじゃないかと……。」

恭介「……それで、今までどうしてたんだい?」

>>202

202 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 22:56:52.49 ID:j0vck3590

書き忘れ
>>202はさやかの台詞安価です
安価下

203 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 22:56:53.51 ID:mafwxObU0

実は石ころにされてた

205 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 23:03:24.76 ID:j0vck3590

さやか「実は石ころにされてたの」

恭介「石ころ!?」

さやか「石ころ、うん……ドラえもんで『石ころぼうし』ってあるじゃん?かぶった人の存在感がなくなる帽子なんだけど……実はあれがもう完成してて、私、ずっとそれをかぶらされてて……。」

恭介「さやか」

さやか「えっ?」

恭介「嘘だよね?」

さやか「なっ!?そ、そんなこと、ないよ?」

恭介「……なんとなく分かっちゃうんだよね。さやかが嘘ついてるってこと」

さやか「……私は」

恭介「……話して、くれないかな。何があったんだい?」

さやか「>>209」

209 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 23:05:43.11 ID:/KwMLQLY0

恭介のせいで私汚れちゃった

210 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 23:11:32.23 ID:j0vck3590

さやか「恭介のせいで私汚れちゃった」

恭介「え?」

ゴポ……。

さやか「これ……私なんだ。この濁りきった石ッコロがあたしの魂。そう言われたってなんにもわかんないでしょ?恭介」

恭介「さや……か……?」

さやか「この石が濁りきったのは恭介のせい。私が恭介のために、ずっと戦ってきたから、私は──」

恭介「さやか、何を……。」

さやか「……っ、ごめん、恭介のせいにだけは、絶対しちゃいけなかったのに……悪いのは全部あたしだから……ごめんね、恭介」

恭介「……ワケわかんないよ、さやか……どうしちゃったんだよ、一体!」

さやかの様子が明らかにおかしい。
なんとかしなければ!
どうする?>>214

214 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 23:12:38.26 ID:/KwMLQLY0

さやかの気持ちを聞いたうえで真摯に振ってあげる

222 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 23:23:45.22 ID:j0vck3590

恭介「……全部、話してくれよさやか!……これ以上さやかのそんな顔は見たくないッ!」
さやか「!!」
恭介「言いたいことがあるんだろう?僕が受け止めるよ、全部聞く!」

さやか「恭……介?」

恭介「どんな突飛な話だって……ちゃんと話してくれれば僕は信じる、だから……。」

さやか「……うん」
スー、ハー……。

さやか「……恭介、あたし、恭介のこと……好き」

恭介「……!」

さやか「気づいたら、恭介のこと以外見えなくなってた。恭介、あたしと……付き合って!」

恭介「……ごめん、さやか」

さやか「……!」

恭介「気持ちは嬉しいけど、僕なんかにさやかは勿体無いよ。それに小さな頃から一緒にいたから、異性って言うより……。」

さやか「……くふ」

パ キ ン


BAD END

223 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 23:25:38.90 ID:mafwxObU0

さやか……乙

224 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 23:25:48.83 ID:+vaQ9Ah60

さやさや本当に不憫な子・・・

226 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 23:26:06.46 ID:j0vck3590

さやか「なーんちゃって……こんなことでへこたれる あたしじゃないヨ!>>229をスタートにもういちどチャレンジしよう!」

229 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 23:27:36.41 ID:/KwMLQLY0

杏子との出会い

235 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 23:36:23.12 ID:j0vck3590

さやか「このっ、この!」

使い魔「ブーンブンシャカブブンブーン」

ガキィン!

さやか「なっ!?」
杏子「おいおい、何やってんのさ?そりゃ使い魔だよ。グリーフシードを落としゃしないって」

さやか「……でも、放っておけば人が死ぬんでしょう」

杏子「だからさ、四、五人食わせて魔女に育てりゃグリーフシードも孕むってもんよ。その魔女をあたしたちが狩る。食物連鎖ってやつじゃん。マミの奴はそんな事も教えてくれなかったの?」

さやか「……っ」

なんだ、こいつ。
なんていうか、根本的に価値観が違う!
これが敵の魔法少女!?どうしよう!
>>239

239 : 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 2011/12/03 23:37:33.05 ID:OaaTVlQG0

kskst

240 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 23:37:34.65 ID:JF6VoolE0

ソウルジェムとグリーフシードをプレゼント

245 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 23:44:08.55 ID:j0vck3590

さやか「あたしはあんたとやりあう意志はないよ」スッ

杏子「何のつもりだ?」

さやか「グリーフシードとあたしのソウルジェム。お近づきのしるしだよ」

杏子「はぁ?アンタ正気かよ!ソウルジェムがなきゃ魔法少女は力を使えねーんだぞ!」

さやか「いいからいいから」


杏子「いいなら持ってくけどさ……。」テクテク

さやか「またねー」

まどか「……いいの?さやかちゃん」

さやか「うん、大見得切ったはいいけど、マミさんの代わりにこの町を守るなんて大役、あたしに務まるかどうか不安で……それよりも、価値観の違いはあれど、別の魔法少女がいるんだったらその人に託してもいいかなって……。」バタッ

まどか「さやかちゃん?さやかちゃん!?」

まどか「死んでる……。」

246 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 23:45:17.62 ID:+vaQ9Ah60

さやかああああああああああああああああああああああwwww

247 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 23:45:41.96 ID:4Y4859dW0

どういうことだおい…!

248 : 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 2011/12/03 23:46:50.04 ID:OaaTVlQG0

こいつ死んでるじゃねーか!!

249 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/03 23:51:50.66 ID:j0vck3590

まどか「さやかちゃん!ねえ、嘘でしょ!?さやかちゃん!」

ほむら「美樹さやか……なんて事を」シュタッ

まどか「ほむらちゃん!?」

ほむら「今すぐ彼女のソウルジェムを取り返してきなさい。手遅れになる前に」

まどか「……う、うん!」ダッ


杏子「……本当、変わった奴だな……自分のソウルジェムくれてやるなんてさ」

QB「そうだね、美樹さやかの行動ははっきり言って異常だ。ソウルジェムは魔法少女の魂そのもの、今ごろ彼女の肉体は……。」

杏子「肉体が……なんだって?」

ザッ

まどか「はぁ、はぁ……さやかちゃんのソウルジェム、返して……!」

252 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04 00:01:45.22 ID:S+WCo2RB0

杏子「アンタ、さっきの奴と一緒にいた……どうしたんだよ、血相変えて」

まどか「さやかちゃんが、死んじゃったの!早くソウルジェムを戻さなきゃ、手遅れになるって……!」

杏子「どういうことだ、オイ……とにかく連れてけ!」

まどか「う、うん!」


さやか「……。」

杏子「こいつ……死んでるじゃねーか!」

ほむら「佐倉杏子。ソウルジェムを、早く」

杏子「アンタは?なんであたしの名前を……。」
ほむら「いいから!」
杏子「チッ……分かった!」トン

さやか「……はっ」ビクン

まどか「さやかちゃん!」

杏子「キュゥべえ……こいつはどういうことだ!あたしに分かるように説明しろ!」
QB「さっき言ったじゃないか。『ソウルジェムは魔法少女の魂そのもの』だって」

──こうして、私は魔法少女の真実を知った。
ソウルジェムが、もうこの手から手放せないことも、知ってしまった……。
これから、どうしよう。
>>255

255 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04 00:03:56.92 ID:aHQMCZvN0

杏子に告白

261 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04 00:14:26.30 ID:S+WCo2RB0

──翌日、夕方

バッタリ

杏子「……あ」
さやか「……あ」

杏子「……よう」

さやか「……偶然だね」

杏子「あぁ……。」

さやか「……あの、さ。あんた、魔法少女長いの?」

杏子「まあ、それなりにはな……。」

さやか「……私ね、好きな人がいるんだ。でも、こんな身体だなんて分かったら……抱きしめてなんて言えない、キスしてなんて言えないよ……!」

杏子「……アンタはさ、それをあたしに告白してどうしたいんだ?」

さやか「え……?」

杏子「同情して欲しいなら余所でやりな」

さやか「違うよ……あたしは、こんなだから……現状をなんとかしたいんだよ……!」

杏子「だったら>>265すればいいのさ」

265 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04 00:16:08.10 ID:J4CfB8kP0

下半身裸で特攻

271 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04 00:24:45.16 ID:S+WCo2RB0

杏子「下半身裸で特攻すればいいのさ」

さやか「な!?」

杏子「魔法少女は他に同類なんていねーんだ……それでも男を落としたいってんならいっそ強引にいけばいいのさ」

さやか「な、なるほど……。」

杏子「(つーか、わかんねーよそんなの……まぁ大体合ってるでしょ)」

さやか「ありがとう……それじゃ、行ってくるよ」ヌギヌギ

杏子「お、おう」

274 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04 00:30:32.87 ID:S+WCo2RB0

──上条宅

ピンポーン

恭介「はーい」ガチャ

さやか「恭介!」ドン☆

恭介「ぶっ!?さ、さやか……なんて格好してるんだよ!」

さやか「半裸だよ」キリッ

恭介「な、なんで……!」プイッ

さやか「>>278」

278 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04 00:31:56.13 ID:J4CfB8kP0

暑かったからね

282 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04 00:39:03.73 ID:S+WCo2RB0

さやか「暑かったからね」

恭介「だからって下脱ぐことはないでしょ!」

さやか「え?上のほうが……。」

恭介「脱がんでいい!真っ裸になっちゃうじゃないか!」

さやか「す、すまねぇベジータ……つい調子にのっちまって」

恭介「それはナッパ!」

……思い切って脱いだのにらちがあかない。
どうしよう?>>286

286 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04 00:39:48.18 ID:J4CfB8kP0

押し倒して生顔面騎乗位

292 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04 00:48:22.38 ID:S+WCo2RB0

さやか「もう……恭介!」ガバッ

恭介「わッ!」ドタッ

さやか「なんで、気づかないかな……!」ズン

恭介「んぐっ!?」

さやか「舐めて……。」

恭介「ぅ……。」

さやか「舐めてよ……!」

恭介「んっ……!」ペロペロ

さやか「あんっ……!」ビクッ

296 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04 00:58:12.48 ID:S+WCo2RB0

さやか「んっ……もっとぉ……!」

恭介「ん……っ」ペロペロペロ

さやか「~~!」ビクビクビクッ!

恭介「(チャンス!)ぷはっ!」

さやか「あっ……!」

恭介「……話は家の中でゆっくり聞くよ!なんで僕達玄関先でこんなことしてるんだ!」グイッ


──恭介の部屋

恭介「さやか、どうしていきなりあんなこと……。」

さやか「……本当に分からないの?恭介……。」

恭介「心当たりは、ないけど……。」

さやか「~~っ」

どうしてくれよう?
>>300

300 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04 01:00:24.55 ID:J4CfB8kP0

激しくキス
抵抗しても絶対に離さない
気絶しても続ける

305 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04 01:08:21.56 ID:S+WCo2RB0

チュッ!

恭介「んぐっ!」

さやか「はむっ、ん……ちゅ、ちゅぱっ」

恭介「~~!」ジタバタ

さやか「ちゅ、んぐ、……ぷぁ、んっ」ギュー

恭介「(さ、さやかが離してくれない!)」

さやか「んっ、ちゅ……。」ギュウ

恭介「ん……。」トロン
さやか「(抵抗が止まった、次は……。)」

>>309

309 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04 01:09:57.49 ID:J4CfB8kP0

脱がす
唇は離さない

315 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04 01:22:28.69 ID:S+WCo2RB0

さやか「んちゅ、はむ……。」ガサゴソ

恭介「(ん……脱がされてる……?)」トローン

さやか「んっ、んっ……ぷはぁ、恭介、ハダカになっちゃったね……。」

恭介「ん……ぅ……。」

さやか「どうしよっか……>>418」

316 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04 01:23:16.39 ID:S+WCo2RB0

安価ミス>>318
安価下

318 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04 01:23:23.79 ID:aHQMCZvN0

仁美呼んで上条に仁美犯すところを見せ付ける

323 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04 01:36:46.10 ID:S+WCo2RB0

さやか「さてと」トゥルルルルル

恭介「……?」

さやか「あ、もしもし仁美?これから恭介の家に来てよ、すごく面白いことするから……うん、そいじゃ」ピッ

恭介「??」

──数分後

仁美「お邪魔します……ってお二人とも、なぜ裸なんですの!?」

さやか「すぐにわかるよ」ガバッ

仁美「さやかさん、何を……んっ!?」ムニ

さやか「おー、敏感ですなぁ」

仁美「さ、さやかさん、何を……っ」クチュクチュクチュ

さやか「ふふふ……どう、恭介?めったに見られない光景だよ、こんなお嬢様が乱れるなんて」

恭介「あ……あ……?」

326 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04 01:47:57.50 ID:S+WCo2RB0

さやか「ほら、パンツ脱がして……直にしたげるね」チュクチュク

仁美「んっ!?」ビクンビクン

さやか「気持ちよさそうだね……ねぇ恭介、どう?」

恭介「どうって……。」

さやか「興奮するんじゃない?」

恭介「う……。」

さやか「恭介は興奮するってさ……仁美」ムニュムニュ

仁美「い、嫌ぁ……嫌、ですわぁ」

さやか「嫌?こんなに気持ちよさそうなのに?」

仁美「──!!」ビクビクビクンッ

329 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04 02:00:25.74 ID:S+WCo2RB0

さやか「『口では嫌がっても、身体は正直だな』って奴だね……ふふ」クチュクチュ

仁美「んっ……んっ!」

恭介「……。」ジーッ

仁美「(上条くんが、見てる……!)い、嫌……見ないで!」

さやか「そっちに気を取られてていいのかな?」

仁美「んひっ!?あっ……あぁっー!」ビクビクビクッ……プシィーッ
恭介「……!」ジィー

さやか「(い、イかせちゃった……!つ、次はどうしようかな)」

>>333

333 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04 02:02:41.32 ID:aHQMCZvN0

杏子も呼ぼう

335 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04 02:13:09.02 ID:S+WCo2RB0

さやか「……なんか奇数だとスッキリしないなあ」

さやか「『もしもし、聞こえる?』」

杏子「『アンタ……どうしたんだよ、あれから大丈夫なのか?』」

さやか「『う、うん、まあ……それよりも、あたしのいる所に来てよ。場所は魔力を辿れば分かると思うから』」

杏子「『魔力って……家ん中じゃねーか』」

──数分後

杏子「邪魔するよ……って、な!?」

さやか「よく来たね」

恭介「だ、誰!?」
仁美「あふぅ……。」トロトロリーン

杏子「なんでみんな裸なんだよ!どうなってんだオイ!」

さやか「そんなことはどうでもいいんだ。重要じゃない。それより>>339」

339 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04 02:16:42.87 ID:Gg79NBV10

そのまま4Pへ

341 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04 02:26:08.20 ID:S+WCo2RB0

さやか「まあまあ」ガサゴソ

杏子「ばっ、何すん……!」バッ

さやか「すばらしいことだよ」ヌガセッ

杏子「わッ……!」

さやか「さぁ、4Pだ!」

恭介「よ、4P……。」

さやか「とはいえ、まずどうしよう……。」
>>344

344 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04 02:29:10.84 ID:45xgfM2m0

愛撫合戦

348 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04 02:40:59.78 ID:S+WCo2RB0

さやか「ようし、愛撫合戦だ!」

杏子「ちょ、ちょっと、勝手に話を決めるな……!」

さやか「細かいことは置いといて」ムニュ

杏子「っ!」ビクッ

さやか「あれ?アンタも責められると弱いクチ?これはさやかちゃんの独壇場なんじゃないかな~」クチュクチュ

杏子「あっ、止め……ぇ、んっ!はぁっ……!」グッチュグッチュ

さやか「よーし、このまま一気に……ひゃっ!?」ムニュッ

恭介「誰か忘れてないかい?」

さやか「恭……介」

恭介「まだイマイチ状況が呑み込めないけど……君がその気なら僕は……!」ムニュムニュムニュ

さやか「あっ、あんっ、んぁっ!」ビクビクッ

杏子「……あの、あたし達は……?」

仁美「……どうも」

杏子「お、おう」

350 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04 02:49:19.04 ID:S+WCo2RB0

杏子「一体どうなってんのさ、これは……。」

仁美「……私、後学のために何事も経験が大切だと思ってますの」スッ

杏子「お、おい……あんたまさか!」

仁美「大丈夫……初めてですけども、努力しますわ」クチュ……。

杏子「あ……んぅっ」

仁美「気持ち……いいですか?」クチュ、クチュ、クチュ……。

杏子「くぅ……ヨタヨタのお嬢様にナメられてたまるかよ……こちとら健康優良不良少女だ!」ガバッ
仁美「あっ!?」

杏子「ほら……。」ペロペロ

仁美「やっ、そんな所舐めるなんて……不潔ですわ」

352 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04 02:58:02.38 ID:S+WCo2RB0

恭介「……あっちも、ぼちぼち始めたようだね」

さやか「……嫌」

恭介「え?」

さやか「嫌……あたしだけ……見て」

恭介「だってさっき、志筑さんのこと見せつけたり……。」

さやか「それとこれとは話が別!恭介は……他の誰ともHして欲しくないの……あたしの、わがままだけど」

恭介「な、なんでまた……。」

さやか「……まだ、分からない?ここまで話しておいて……。」

さやか「>>356」

356 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04 03:01:41.22 ID:1G8pn0+C0

いっしょういっしょにいてくれやっ!

359 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04 03:15:04.22 ID:S+WCo2RB0

さやか「いっしょういっしょにいてくれやっ!」

恭介「さやか……?」

さやか「あたし、恭介のことが好きなの。恭介といっしょにいると、心が幸せなの……だから、これからもずぅっと恭介いっしょに一緒にいたい!恭介……いっしょういっしょにいてくれやっ!」

恭介「……僕のほうからも、よろしく!」ギュウ


さやか「……恭介ッ!」
──その後、恭介とさやか、杏子と仁美は、ペニスとヴァギナをこすり合い、愛液と精液を混ざり合わせてセッ○スに耽りました。

行為が終わった後は、四人が四人ともどこか晴れやかな表情をしていたといいます。
程なくして、美樹さやかと上条恭介は結ばれることができました。これもセッ○スのおかげです。
佐倉杏子も、志筑仁美も、どこかでセッ○スをしていることでしょう
どいつもこいつもセッ○スセッ○ス

上条恭介も美樹さやかも、思う存分セッ○スに耽ることでしょう。

だってセッ○スは……愛の営みなんですから。

TRUE END

360 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04 03:15:51.54 ID:1G8pn0+C0

TRUE END




















え?

362 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04 03:17:31.54 ID:CLb3rFZR0

乙乙さやかみ
これでゆっくり眠れる

363 : ◆mJ/2ZNc4SQH7 2011/12/04 03:21:02.57 ID:S+WCo2RB0

終わりです
本当に終わりです

眠気が限界なので

やはり安価スレは難しいですね
付き合って下さってありがとうございました

おやすみなさい